ヒートショックって言葉を耳にするけれどまだまだ知らないことばかり…ヒートショックについて先生に聞いてみよう!(プカ太郎、以下プカ)

 

(1)ヒートショックと血圧の関係について、詳しく教えてください。(プカ)
髙橋先生(以下先生):

よくあるパターンは、寒い脱衣所で血管が収縮して血圧が上がり、お湯につかって数分もすると体が暖められ、今度は血管が拡張して血圧が急激に下がってしまうものです。血圧がジェットコースターのように大きく上下変動して、脳や心臓へ十分な血液が流れなくなってしまいます。

プカ:

なるほど~
血圧がジェットコースターなんて、想像しただけで大変そうです!

 

(2)入浴中の突然死というのは、どのように起こるのでしょうか?(プカ)
先生:

血圧の急激な低下により、失神したり心臓発作を起こし、溺れてしまうなど、死に至ることがあります。
自覚がなくても、体はストレスに反応しています。ぜひ、対策を進めてほしいですね。

プカ:

ふむふむ。
知らず知らずのうちに、体に負担がかかってしまうことがあるのですね。

 

(3)ヒートショックに特に気を付けた方がいいのはどのような方ですか?(プカ)
先生:

介助を必要としないお一人で入浴している元気な高齢者に、むしろ注意して頂きたいですね。
高齢になると、体温の維持が難しくなり、うまく適応しにくくなります。薬などで十分管理されていない高血圧症や不整脈などの方も注意が必要です。

 

~後編に続く~