最近お家の中も冷えてきた気がするな~

今回は健康で過ごすためのお家の中のあり方について学んでいくぞ!(プカ太郎、以下プカ)

 

 

 

 

(1) お家が冬寒かったり、夏暑かったりすると、身体にどんな影響が出るんですか?(プカ)

伊香賀先生(以下、先生):

家の寒さは、血圧の上昇、肺の抵抗力弱体化、血液の濃化などを引き起こす危険性があります。 冬は、夜に暖かい布団の中から寒いトイレへ行ったりするなど 住宅内での急激な温度差が、脳こうそくや心筋梗塞の引き金となることが少なくありません。

また、夏の住宅内での熱中症においても、発症者は高齢者に多く、こちらは家の暑さが要因となります。断熱性能が低い家は、健康リスクがあります。

プカ:

ふむふむ。「断熱性能」というものがポイントになりそうですね。

 

(2) 具体的にどのくらい温度だと注意が必要ですか?(プカ)

先生:

国土交通省で行った研究では、例えば平均的な男性の場合、冬の期間、

起床時の居間の室温が20°Cから10°Cに下がると、血圧が高くなることがわかりました。

(30歳では4.5mmHg、60歳では8.5mmHg、80歳では11.2mmHg高くなりました)

また、朝の居間の平均室温が低い家に住む人ほど、動脈硬化になってしまう傾向があったり、朝の居間室温が16°C未満の家に住む人は16°C以上の家に住む人に比べて、心電図異常所見ありである確率が1.8倍高い傾向がありました。

冬の自宅の室温を思えば、衝撃的な内容ですよね。

プカ:

えっ、そんなに!

そういえば、お家の中に温度計はあったかな…早速、お家の中の温度を測ってみます!

 

~後編に続く~

 

出典:国土交通省 住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する調査の中間報告(第2回)

   http://www.mlit.go.jp/report/press/house07_hh_000185.html